不動産実務検定2級完全ガイド:満室経営の実現への第一歩

不動産実務検定2級とは、具体的にどのような内容を学び、どのようなスキルが求められるのでしょうか? この資格が、不動産の満室経営にどのように寄与するのかを解析します。

不動産実務検定2級は、民間資格でありながら不動産経営の基礎知識から実践的な技能までをカバーしています。多くの人がこの資格をカンタンな内容だと考えがちですが、実際にはアパートやマンションの効率的な管理と運営に必要な詳細な情報が含まれています。

不動産実務検定2級は、アパートやマンションの満室経営を目指すうえで欠かせない実務知識を提供します。具体的には、賃貸管理、リスク管理、財務計画の立案など、賃貸経営に直接関連する多岐にわたるスキルが学べます。

この検定のカリキュラムは広範にわたります。具体的には、「不動産実務検定とコンプライアンス」で法令遵守の重要性を、「社会経済の変化と今後の賃貸経営」で市場動向の予測方法を学びます。さらに、「不動産投資のメリットとデメリット」では投資戦略を、「ライフプランニングと不動産」で長期的な資産計画を考える方法が教えられます。また、「不動産関連法規」や「不動産の税務」では、法的な知識と税務の専門知識が習得でき、これらは賃貸経営の成功に直結する知識です。

詳細は以下の通りです。

総論:不動産実務検定とコンプライアンス(法令・倫理遵守)

  1. 不動産実務検定と倫理
  2. 関係法令の遵守
  3. 不動産コンサルティングと「業際問題」

社会経済の変化と今後の賃貸経営

  1. 人口減少と空き家問題
  2. 入居者の多様化
  3. 景気や金利と不動産投資の関係
  4. VUCAな時代の賃貸経営

不動産投資のメリットとデメリット

1.投機と投資
2.キャピタルゲインとインカムゲイン
3.不動産投資と他の投資との違い
4.不動産投資のメリット
5.不動産投資のデメリット
6.不動産投資を成功させる4要素

ライフプランニングと不動産

1.ライフプランニング
2.ライフプランを考えよう

II 不動産投資:不動産関連法規

1.賃貸経営の関連法規
2.区分所有法
3.宅地建物取引業法
4.都市計画法
5.建築基準法

III 税務と事業計画:不動産の税務

1.減価償却と借入金が起こすデッドクロス
2.税金対策が必要になる本当の理由
3.青色申告
4.法人化
5.消費税

IV ファイナンス:不動産のファイナンス

1.金融機関の種類と特徴
2.融資の種類
3.融資可能になる条件
4.元利均等返済方式と元金均等返済方式
5.変動金利と固定金利
6.借り換えの注意点

V 賃貸管理運営:満室経営のための管理実務

1.賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律
2.管理会社を見極めるポイント
3.管理業務の内容
4.家賃査定の方法
5.賃貸条件の決め方
6.入居者募集の基本
7.管理委託と自主管理の募集の違い
8.早期満室にするための工夫
9.家賃アップ
10.ペット対応
11.テナント リテンションの追求
12.その他収益アップ

管理委託契約と賃貸借契約

1.管理委託契約とサブリース方式
2.滞納保証
3.賃貸借契約実務
4.解約
5.普通借家契約と定期借家契約
6.更新と再契約
7.オーナーチェンジ物件における従前の入居者との賃貸借契約の切換え実務

賃貸経営に関わるリスクへの対処法

1.家賃滞納の対処法
2.滞納リスクの回避方法
3.放置された自転車・原付バイク・車の処分方法
4.空き家問題に関する動向(空家法)
5.生活保護者の入居受け入れについて
6.苦情処理への対応
7.緊急事態への対応
8.立退き
9.火災保険と地震保険
10.入居者が加入する保険
11.その他の保険に関する知識
12.入居者に、もしものことが発生した時の対処法

リフォーム

1.リフォーム工事実務の基礎知識
2.長期修繕計画と修繕費用の積立て方
3.カラープランニングの活用
4.断熱と結露についての基礎知識
5.耐震診断及び耐震改修の促進に関する基礎知識

入居者の多様化

1.高齢者
2.外国人入居の実務
3.シェアハウス
4.民泊

不動産実務検定2級を取得することは、アパートやマンションを効率良く満室経営するための第一歩です。この資格が提供する実務知識は、不動産経営を行う上での強固な基盤を築きます。もし賃貸経営に興味がある方や、自己所有の不動産を最大限に活用したい方は、この検定に挑戦することをお勧めします。

以下の種類別で、さらに詳しい情報や受験方法が提供されていますので、ぜひアクセスしてみてください。

不動産実務検定3つの受講・受験方法

ホームスタディー講座

初心者にオススメ

ホームスタディー講座

認定講座

リーズナブルな方法

認定講座

一発試験(非推奨)

オススメしていません

一発試験
TOP